Windows 11発表,2021年内提供予定でWindows 10からは無償アップグレード.

 

Windows11

 

 

■次世代Windows発表イベント25日開催

マイクロソフトは、オンラインライブイベント「What’s Next for Windows」を開催し、日本時間の6月25日深夜(東部標準時の6月24日午前11:00)に次世代Windowsを紹介します。

このイベントでは、CEOのSatyaNadellaと最高経営責任者のPanosPanoiがステージに登場します。 その他の詳細は覆い隠されたままです。

■正式リリース時期は年内

正式リリース日は年内に発表されます。 まず、今年後半に登場するOEMメーカーのPCに搭載して出荷する予定で、年末までにWindows10からの無料アップグレードも提供する予定です。 。

SKUの構成と価格モデルはWindows10と同じです。家庭用のWindows11 Home(Microsoftアカウントのみのバージョン)はPCにバンドルされて販売され、Windows 11 Pro(MicrosoftアカウントとWork Schoolアカウントのバージョン)は ビジネスで使用できます。

さらに、以前と同じようにMicrosoft 365を介して提供されるビジネスとエンタープライズは、同じスキームになります。

Windows11

企業向けのWindows11も提供されますが、WindowsUpdateなどの操作はWindows10とほぼ同じ更新ポリシーで実行されます。このため、企業向けのビジネスPCは基本的にWindowsと同じように運用できると考えられます。
10、ブランドは変わりますが。
企業ユーザーの場合、最終的にWindows 10のアップグレードサイクルに慣れたときに新しいバージョンが表示されるのではないかと懸念されていましたが、Windows 10と同じ機能更新ポリシーで操作できる場合は、ブランドが変更されます。 大きな影響はないと考えられます。
※出典 引用 PC Watch
タイトルとURLをコピーしました