金運と運気をアップする方法スーパームーン赤い皆既月食5月26日20:15頃、次回は12年後

皆既月食

 

 

お財布を振って金運と運気をアップする方法

皆既月食とスーパームーンが重なるのは25年ぶりなんですよ。

5月26日はスーパームーン皆既月食ですね、次回は12年後なんです。

満月に向かってお財布を振ると金運UPする不思議な力があると言い伝えられています。

やり方は?スーパームーンにお財布をフリフリして、強力な金運・恋愛運を呼び込みましょうよ。

5月の月は新緑も花もきれいなつきですよね、別名『フラワームーン』といわれるそうです。

とってもロマンチックですね。

これを利用すれば、人生が変わるくらい運気を大きく変えられかもですね

皆既月食中の月が赤黒い色になる理由

12月10日夜、皆既月食を観察しよう ―2011年12月10日夜、全国で好条件の皆既月食―
国立天文台では、できるだけ多くの方に夜空を眺める機会を持っていただこうと、12月10日~11日にかけて起こる皆既月食を観察対象に、「皆既月食を観察しよう」キャンペーンを行います。

※出典 引用 国立天文台

地球の本影は、地球が太陽光をさえぎることでできます。

しかしこの本影は、真っ暗になりません。これは、地球に大気が存在するからです。

地球の大気を太陽光が通過するときには、大気がまるでレンズのような役割をして、太陽光が屈折するのです。屈折した太陽光は、影の内側に入り込むようにその経路が曲げられてしまいます。

 

また、太陽光が地球の大気を通過するときには、波長の短い青い光は、空気の分子によって散乱してしまい、大気をほとんど通過することができません。

昼間空が青いのは、この散乱してしまった青い光を見ているからです。

一方で波長の長い赤い光は散乱の影響を受けにくいため、散乱で光が弱められながらも、大気を通過することができます。朝日や夕日が赤く見えるのも同じ理由で、太陽光が地平線方向から入り大気の中を長く通過しているために、散乱されにくい赤い光のほうがより届きやすいからです。

このように、大気によって散乱されにくい赤い光だけが、弱められながらも大気を通過します。

そしてこのとき、大気によって屈折して経路が曲げられて、本影の中に弱い赤い光が届きます。この光が皆既月食のときの月面を照らすため、赤黒く見えるのです。

月食ごとに異なる色

しかし、皆既月食のときの月がいつも同じように赤黒く見えるわけではありません。地球の大気中のチリが少ないときには、大気を通り抜けられる光の量が多くなるため、オレンジ色のような明るい色の月が見られます。

一方で、大気中にチリが多いと、大気を通り抜けられる光の量が少なくなるため、影は暗くなり、灰色に見えたり、あるいは本当に真っ暗で月が見えなくなったりします。

 

このように皆既月食のときの月の色が異なることは、フランスの天文学者ダンジョンが20世紀初頭にすでに気づいていました。彼は独自に「ダンジョンの尺度(スケール)」という色の目安を用いて、月食の色を調べました。この尺度を表にまとめます。

 

一年に12~13回見える満月のうちで最も大きく見える満月のことを「スーパームーン」と呼ぶことがあります。今回の皆既月食の満月は2021年で最大なので、いわば「スーパームーンの皆既月食」となります。

 

※出典 引用 国立天文台

タイトルとURLをコピーしました